« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

2010年6月12日 (土)

ハミルトン島・ケアンズ5泊7日の旅【7日目】

いよいよ

札幌

へ帰る日ですdash

今回泊った

全日空ゲートタワーホテル

は、

名の通り

55階建てのタワー

でしたsign03

私たちは

45階

に宿泊。

夜は夜景がキレイでしたが、

朝の眺めはまた別物

20100613_126a

海の方

20100613_127a

周辺が一望できて、とてもいい眺めでしたeye

チェックアウト後は

無料のシャトルバス

関西空港airplane

へ。。。

朝食兼昼食

を取って、

まだ時間はありましたが、

手荷物検査場

を通り、

ラウンジ

へ行きました。。。

いつも私が利用していた時は

すごく混雑

しているイメージでしたが、

土曜の朝

だからか、

ガラガラdash

ラウンジに入って、検査場に入る前に

主人に買ってもらった

GODIVA

チョコレートアイス を。。。

20100613_128a

ずーーーっと食べたかったので、

大満足でしたhappy02

20100613_129a

とっても濃厚で、リッチな味わいのチョコレートheart01

甘さもくどくなくて、美味でしたup

そうこうしているうちに

搭乗・離陸airplane

またまた良いお天気だったので、

窓側の私には様々な景色が見えましたwave

佐渡島

20100613_130a

写真右上部にうっすら陸地が見えますか?

函館です。手前は下北半島

20100613_135a

千歳空港

には、

主人の両親が迎えにきてくれましたhappy02

そのまま実家によって

お土産

を渡し、再び我が家まで送って頂き、

無事、帰宅しましたhouse

当初は

メルボルン

に行く予定だったのが、

2月

JETSTAR

のセールチケットが発売になったことで、

行き先が

ケアンズ・ハミルトン島

になり、

私が

オーバーブッキング

したことで、

キュアン一家

も一緒に旅することになりましたhappy01

2月に怒涛の勢いで決めた旅でしたが、

とてもとても楽しく、充実したものになりましたhappy02

英語力の一番ない私が

英語で予約したり、問い合わせしたり・・・

ということで、

色々迷惑もかけましたが、

それも良い思い出ですconfident(私だけsign02sign02coldsweats01

今度こそ、

語学力

を磨いて、旅に行くぞrock

と決意を新たにしました(何度目の決意だろうか。。。sweat02

今回の旅の最後の締めくくりは

やっぱり、この写真でcamera

↓↓↓↓

↓↓↓↓

ラブリーりえなちゃんheart01heart01

32068_128882533808660_1000006074247

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

ハミルトン島・ケアンズ5泊7日の旅【6日目】

いよいよ

オーストラリア

とも

お別れの朝dash

朝食がついていたので、

早速食べに行きましたup

マリーナが見えて、優雅な感じですconfident

20100613_211

ビュッフェ形式だったので、た~くさん取ってしまいましたcoldsweats01

20100613_210

お腹いっぱい満たされて、

荷造りして、いよいよ

チェックアウトsweat01

ホテルのフロントはこんな感じでした

20100613_213

吹き抜けになっていているので

開放感

がありますgood

ロビーのソファーもちょっと普通と違う感じでしょsign02

20100613_214

アーリーチェックインの請求などあるかも??

とドキドキしたものの、

一切部屋代以外の請求はなしshine

昨晩には、

日本語

で書かれた

メッセージmailto

まで部屋に届き、

とてもサービスが充実しているホテルでしたhotel

建物が三角形の作りなので、

エレベーターに乗るのに

結構歩く。。。

というのが難点でしたが、

それ以外は

とても素晴らしいホテルだったと思いますhappy01

フロントで

タクシーcar

を呼んでもらい

ケアンズ国際空港airplane

へ。。。

カウンターは日本人で行列になっていましたが、

それほど待たずに

チェックイン完了notes

ゲート付近でのんびりしましたhappy01

20100613_215

そして、

約8時間

のフライトを終え、

無事に

関西空港

へ。。。

残念ながら、

千歳行きairplane

の最終便には間に合わないので、

関西で一泊しなくてはいけませんwobbly

無料の

リムジンバスbus

が出ている

全日空ゲートタワーホテル

に宿泊しましたhotel

食事はついていなかったので、

主人と近くの

ショッピングモール

などを散策up

色々歩いてみると

りんくうプレミアムアウトレット

があったので、

その中にあった

紅虎餃子房

にしましたhappy02

ここは、

神奈川にいたころ、よく行ったお店delicious

いつも頼むものは大抵決まっていたくらい

大好きなメニューがあるお店でしたnote

・・・ということで、

目一杯

頼んでしまいましたcoldsweats01

まずは麻婆豆腐

20100613_216

これが大好きな豚バラ青菜チャーハンlovely

20100613_218

海鮮あんかけ焼きそば

20100613_219

ここの名物、鉄鍋棒餃子

20100613_220

いやぁ~~~

どれもこれも

とーーーっても美味

でしたgood

長いフライトでヘトヘトになっていた

私たちのお腹がいっぱい満たされて、

一気に疲れも出てしまい、

ホテルに戻ってからは

すぐに休んだのでしたsleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

ハミルトン島・ケアンズ5泊7日の旅【5日目】

ハミルトン島とも今日でお別れsweat01

バルコニーからの朝焼け

32068_128882720475308_1000006074247

とってもキレイです。

私と主人は

8時

には部屋を出なくてはいけなかったので、

急いで荷造りして、

キュアンが作ってくれた朝食を

頂きましたconfident

まだ食べてなかったヨーグルト

20100613_170

ベリー系のソースが入っていて

クリーミーなヨーグルトと混ぜ合わせると

本当に美味でしたhappy02

慌ただしく朝食も終え、

美里ちゃんとりえなちゃんにお別れをし、

キュアンに

空港airplane

まで送ってもらいましたcar

滞在中、私たちがお世話になったカート

20100702_020

後部座席は後ろ向きで座るので、坂道はスリリングでしたcoldsweats02

20100702_021

キュアンとも、また近い将来

日本

オーストラリア

で会うことを約束して、お別れしましたweep

搭乗時間が押し迫っていたので、

慌ただしく荷物を預け、飛行機へ。。。

今回もカンタス航空なので、軽食が出ましたwink

20100613_172

チョコブラウニーでしたが、

ずっしり、しっかりしたブラウニーにチョコチップが

入っていて、とても甘いのですが、

すごく濃厚で、

ミルクティcafe

を飲みながら少しずつ食べると

とてもとても美味しかったですgood

機内食に満足していると、すぐに見えてきた

グレートバリアリーフwave

20100613_176 20100613_178

とても大きなものも見えましたeye

20100613_181

きっとこれが見おさめです。。。dash

20100613_182

私は

ずーーーっと

窓から見える海を眺めていたので、

あっという間dash

ケアンズ国際空港

に到着airplane

国内線なので、荷物をピックアップする所もちょっと質素

20100613_184

でも、その分すぐに荷物が出てきましたnote

そして、今度は

タクシーcar

ケアンズ市内

へ移動foot

大体20分くらいで到着しましたwink

今晩泊るホテル

シャングリラ ホテル ザ マリーナ

20100702_023

入り口

20100702_022

一応、ケアンズでは

5つ星☆

のホテルですup

チェックインは

2時から

となっていましたが、

フロントに荷物を預かってもらうためにいくと

アーリーチェックイン

無料

でさせてくれましたhappy02

ホテルの部屋

20100613_185a_2

ミニバー

20100613_186a

洗面所

20100613_187a_2

シャワーブースだけでなく、バスタブもついてますspa

20100613_188a_2

バルコニーからは海wave

20100613_189a

なかなか素敵なお部屋ですhappy02

少しだけ休憩してから、

主人と

ケアンズの街

を散策foot

一通りぐる~っと廻ったので、

ランチrestaurant

するところを相談すると。。。

主人は

ナイトマーケット内にある

フードコート

が気になったよう。。。

メルボルンにいたころ、よくこういうお店で

食べたようですhappy01

というわけで、ランチはこのお店をチョイス downwardleft

20100613_190a

お皿の大きさで値段が決まります。

私と主人は一応

Lサイズ

のお皿をチョイスし、

あとは自分の好きな物を好きなだけ盛りましたsmile

結構盛り過ぎた~sweat02

20100613_191a

でも、思ったより美味しかったですgood

主人的には、メルボルンのお店の方が旨い、と言ってましたが。。。

一人1000円くらいで、

お腹いっぱい

になりましたup

フードコートはこんな感じ

20100613_192a

似たような

アジアンフード

を扱ってるお店が多かったかな。

唯一オージー系がやっているお店は

1時になると即行閉めてましたcoldsweats01

まだお昼時間じゃないのかなsign02sign02という感じですが、

その辺が外国っぽくていいですよねdelicious

ということで、

お腹もいっぱいになったし、

スーパー24hours

も寄って、

お土産の目途

も立ったので、一旦ホテルへ戻りましたdash

主人がやっぱり

日焼けしたいsun

というので、

ホテルのプールへ行くことに。。。

日焼けしたくない私は

パラソルの下で、寝そべりながら、

エアメールloveletter

を書いていましたconfident

プールはパラソルなどが黒で統一されていて

とてもモダン

な感じですsign03

さぁ、ウォーリーを探せ、ならぬ

主人を探せeye

20100613_193

湿度がない分、日陰は涼しく、

のんびり横たわるという

贅沢な時間shine

を過ごせましたgood

その後、部屋に戻ってから、

チェックイン時

に説明を受けたものの、

イマイチ理解出来ずに

気になっていた

SPAのカード

20100613_194

を読み直してみると。。。

いわゆる

10分間の全身マッサージがサービス

と書いてあるじゃないですかsign03sign03

一応、主人にも見せたら

そうっぽいね。。。

ということで、

早速SPAに電話telephone(もちろん主人が・・・)

その結果、

10分間の全身マッサージを受けにいくことになりましたhappy02

ガイドブックなどでは

高級SPA

として書いてあったので、

とっても嬉しいheart04

店内は

バリ

のような雰囲気でした(暗くてイマイチわからない?)

20100613_195

私と主人は交代で

10分間全身マッサージ

をして頂きました。

すっごく気持ち良かった~~~lovely

主人は一気に

眠気

に襲われたので、部屋で一休みsleepy

私は、再び一人で

スーパーへ行き、

食料品や調味料

など、現地の物を色々チェックし、

お買いものしてきましたhappy01

その後、夕飯の為に再び主人とお出かけし、

カジノに寄ってみたり

20100613_197

アイス屋さんに寄って

20100613_199

大好きなマンゴーのジェラートheart02

20100613_200

を食べたりしながら、

やっと夕飯restaurant

カニーズ

という

日本人もよく訪れるらしいレストランにしましたcoldsweats01

マグロのカルパッチョ

20100613_201

主人はマッシュルームのポタージュ

20100613_202

メインのオージービーフ(私はBBQソースで)

20100613_206

主人はマッシュルームソースで

20100613_207

相当ボリュームがあり、

私は完食出来ませんでしたsad

更にホテルへ戻ってから、

主人が大好きだったという

bri

というチーズをおつまみとしながら

オーストラリア最後の夜に乾杯

20100613_208

スーパーで買ったクラッカー

20100613_209

ペッパーが効いていて、これまた美味なクラッカーでしたnote

こうして、

オーストラリア最後の夜moon1

あっという間

に過ぎていったのでした。。。 

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

ハミルトン島・ケアンズ5泊7日の旅【4日目】

今朝は

5時半

から、

キュアンと主人

は、日の出fujiを見るため、

トレッキングdash

私はサンダルしか持参していなかったので、

美里ちゃんたちと

お留守番sleepy

というわけで、主人が撮ってきてくれた

ご来光fuji

まだ、うっすら・・・

20100627_001

少しずつ明るくなってきて。。。

20100627_002

上がってきたかな??

20100627_003

微かに見えてきましたsun

20100627_004

雲がちょっと邪魔ですが、朝陽が上ってますup

20100627_005

山頂からの眺め

20100627_006

逆側にエアポートが見えます。

20100627_007

主人は

汗だくsweat01

で帰ってきました。。。

私はゆっくり休ませてもらったので、

頑張って

朝食bread

を作りましょうrock

・・・というわけで、冷蔵庫と相談しながら

出来た朝食

20100613_157

キュアンは

フルーツサラダ

を作ってくれましたhappy02

20100613_158

これ、色々なフルーツを

一口大

に切って、

パッションフルーツの果肉note

で和えたという贅沢で美味しいサラダlovely

朝から皆、お腹いっぱいになり、

幸せな時間でしたconfident

・・と言って、のんびりしているわけにはいきません。

今日はキュアン一家と一緒に

ホワイトヘブンビーチwave

へ行く、

半日ツアーship

に申し込んでいるのですwink

急いで準備をして、

11時過ぎに出発dash

またまた昨日と同じような船に乗ること

45分watch

見えてきましたeye

20100627_009

浅瀬なので、近くまで船を寄せれないため、

小さいボートに乗って移動。

更にそこから、

膝下

くらいの深さの海を歩いて

海岸へ渡りましたgood

とーーーってもキレイな

ホワイトヘブンビーチ

20100627_010

砂が真っ白で、歩くとキュッキュッとなりますear

20100627_011

ラブリーりえなちゃんは

真っ白な砂

が気になるようで、

パクパク

20100613_160

う~ん、何だかわからないからまだ食べちゃおう

20100613_161

ちょっと食べすぎじゃないかしら??と皆に心配されましたcoldsweats01

20100613_162a_2

お口の周り、砂だらけよ~sweat01

32068_128886353808278_1000006074247

少し泳いだ後、主人とキュアンは

フリスビー

32068_128886357141611_1000006074247

私は

日よけのテント

に隠れながら見守りましたconfident

それにしても、本当に真っ白

20100613_165

砂浜で贅沢な時間をすごしていると

あーーーっという間dash

に帰る時間sweat02

船に戻る前に

記念撮影camera

20100627_012

帰りの船でもりえなちゃんはラブリーでしたheart04

32068_128882713808642_1000006074247

帰宅後、少し休憩してから

夕飯作りrestaurant

今日の担当は私ですgood

明日の午前には

チェックアウト

をするので、

持って帰りにくい食材を

すべて使うことを考慮して作ってみましたwink

大きい鍋がなかったり。。。

で、ちょっと時間かかりましたが、

出来たディナーはこちらdownwardleft

20100627_013

・エビとアスパラとベーコンのクリームパスタ

・エビとバジルのガーリックソテー

・牡蠣のバター醤油炒め

・色々野菜のサラダ

私的には、

パスタの味

がイマイチでしたが、

調味料なども限られていたので

仕方なく。。。sad

それでも、皆、沢山食べてくれましたconfident

お腹がすごくいっぱいだけど、

頑張って片付けをしなきゃ~dash

と思ったら・・・

男性陣が

「片付けはしてあげるよ」

なんという素敵な言葉lovely

20100613_168

私は美里ちゃんとりえなちゃんと

くつろがせて頂きましたscissors

片付けが済んだころ、

部屋には

あま~~い香りcake

が広がってきましたhappy02

ジャ~~~ンsign03キュアン特製のチョコレートケーキshine

20100613_169   

ケーキの底に

トロトロ

のチョコレートソースが入っていて、

熱々のケーキにバニラアイスlovely

黄金の組み合わせflair

です。

本当にありえないくらい

お腹いっぱいwobbly

でしたが、

ハミルトン島最後の一日も、とても楽しく、とても美味しく

幸せいっぱいshine

なのでしたhappy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

ハミルトン島・ケアンズ5泊7日の旅【3日目】

今日も朝からいい天気sun

昨夜20時に就寝したので、体力もバッチリ回復しましたgood

少ししたらバルコニーに出ていた主人に呼ばれ、

何かと思って行ってみると・・・

20100623_004

見たことないような鳥ですhappy02

慌ててカメラを取りに行き、ズームでアップにして撮りましたcamera

ここでは見たことのないような動物を色々見ることが出来、

それだけでワクワクしますnotes

起きてすぐに楽しい気持ちで準備をし、

キュアンに

マリーナship

まで、バギーで送ってもらいましたsign01

今日も日中はキュアン一家とは別行動。

我が夫婦は

シュノーケリングなどのツアーに参加しますhappy01

8時半集合でしたが、まだ時間があったので

集合場所近くのカフェで軽食を取ることに。。。

20100623_005

チキンとコーンのスープとハムチーズのホットサンド

20100623_006

を二人で一緒に食べることにしましたnote

予想以上に美味しくて、二人で感動していたのですが、

オーダーしてから料理が出てくるまで時間がかかってしまい、

集合時間が相当近づいてきていました。。。

そのため、二人して舌をヤケドしながら、ツアーの

手続きが始まるまで出来るだけ食べていきました。

多少お腹も満たされて、さぁ出発ですship

20100623_007

この船に1時間半ほど乗って

ポントゥーンのある場所まで向かいます。

船内はこんな感じdownwardleft

20100623_008

とても大きい船でした。

日本人は私たちをいれて5組くらいかな。

あとはオージー(だと思われる)ばかりですdelicious

今回ハミルトン島に来て感じたことは、

アジアから来る人はほとんど日本人だったということ。

最近はどの国に行っても、中国人が多く訪れ始めているので

たまに「チャイニーズ?」と聞かれることも増えてきましたが、

ここでは日本人以外のアジア人に会うことはほとんどありませんでした。

話はそれましたが、出発してすぐに昨日着陸した空港が見えてきます。

20100623_009

ツアー会社の係員の中に一人だけ

日本人

のお兄ちゃんがいました。

グレートバリアリーフでの注意事項などは

ちゃんと説明しに来てくれました。

船内で更に別のオプショナルツアーに申し込みもし、

飲み物などを頂きながら、過ごすこと約1時間ちょっと。。。

1階の席へ移ってみると、結構波しぶきがすごいsweat01

20100623_010

何とか船酔いはせずに乗り切れそうと思った時、

グレートバリアリーフが見えてきましたhappy02

20100623_011

まったく海の色が違います。

更にテンションあがりまくりで、やっと

ポントゥーン

に到着up

ここで、約4時間、それぞれ自由に過ごすことが出来ます。

私たちはまずは

半潜水艦

に乗ることにしましたsign01

「潜水艦」という言葉でちょっと嫌な予感はしていたのですが、

乗りこんでみて、閉所恐怖症の私はやっぱり乗れない、と思い

一人だけ外に引き返しましたsad

主人が代わりにとってきてくれたサンゴの写真camera

20100623_012 20100623_013

出発した潜水艦をみると、

全然船体はもぐることなかったので、

あれなら大丈夫だったかも。。。と思いましたが、

もし動悸などが始まってしまったらどうしようもないので

仕方ありませんwobbly

一人でポントゥーン内を探検して主人を待ちました。

そして待つこと約20分。

主人が帰ってきたので、

一緒にポントゥーン内を見て廻りましたsign04

2階は全部デッキになっていて、リクライニングチェアーが

沢山並んでいました。

20100623_014

1階には海の魚を見れるスペースがあります。

・・・大きくないsign02sign02

20100623_015

いやぁ~~さすがにここまでの大きさの魚は怖いですbearing

20100623_016

これからすぐ近くでシュノーケリングするのに、

ちょっと不安ですdash

でも、その前に私たちは船内で申し込んだツアーに

参加する時間まであと少しだったので、

イスに座ってくつろいでいることにしました。

と言っても、主人はやっぱり・・・

日焼けに勤しんでいます。

20100623_017

私は必死に太陽から隠れているというのに。

私に写真を撮られていることも知らずに

あのまま数分、日に当たっておりました。。。

すると、ツアーの受付をしてくれた係員に声をかけられ・・・

いよいよ待望のツアーへ出発ですhappy02

少し離れたヘリポートから出発up

20100623_018

そこまではこれで移動です。

20100623_019

いざ、ヘリポートへ出発sign01

20100623_020

近づいてきました

20100623_021

ワクワクheart04ワクワクheart04

20100623_022

私たちを乗せてくれるヘリコプター

20100623_033

4人乗りの小さいヘリでしたが、

主人も私も

人生初shine

のヘリコプターですup

主人は前の座席に座り、私は後ろへ。

ヘッドフォンとシートベルトをしたら、すぐにtakeoffdash

離陸後、数分で美しいグレートバリアリーフが眼下に広がってきました。

20100623_032

世界遺産であるグレートバリアリーフ。

南北約2000kmに渡って広がっているので、

点在している箇所もありますが、

ここまで一面覆い尽くされると、圧巻ですgood

本当に美しい。

20100623_031 20100623_029 20100623_030 20100623_027 20100623_028

主人と私は大興奮しながら、素晴らしい情景を目に焼き付けていると

操縦士さんよりアナウンスが。。。

sign01

sign03

見えてきましたsign03sign03

ハートリーフですheart01

20100623_024

この上空を2回ほど旋回してくれます。

20100623_025

ベストポジションheart02

20100623_026

ズームにしてみると。。。

20100623_023

ハートリーフを一緒に見た二人は幸せになれる 

という言い伝えがあると聞きます。

これで私たちも今まで以上に幸せになれるかなconfident

いや、今の幸せがずっと続くことの方が幸せですね。

そんな願いを抱きながら、約10分のフライトは終了sign01

ヘリコプターの前でも記念に撮っておきましたcamera

20100623_034

再びポントゥーンに戻ってきてから、

ランチタイムclock

船内でビュッフェ形式ですrestaurant

20100623_035

20100623_036

写真で見ると美味しそうですが。。。

パン以外、ほとんど口に合いませんでしたsadsad

残念sweat02

それでも、多少お腹は満足したので、

いよいよ

シュノーケリング

をしますnote

クラゲに刺されたりしないように

念のため

ウェットスーツ

を着用し、

海の中へ。。。

使い捨てカメラ(水に濡れてもOKなもの)を

持参したので、

少しだけ、海の中をお見せしますfish

(スキャナで取り込んでいるので、曲がってたりしますが。。。)

右側は海底が見えないくらい深くて、ちょっと怖いのですが、でもキレイshine

(写真をクリックすると拡大されます。戻る場合はブラウザの「戻る」で。)

20100623_3

サンゴの上を小さいブルーのお魚が群れをなして泳いでいます

20100623_005

無数のお魚たちがビックリするくらいいました。サンゴの上は本当にキレイ

20100623_004_2

でも。。。

ナポレオンフィッシュもいました。寄ってきたらさわってみようと

思ったけど、寄ってこず。ちょっと見た目怖いですけどね。。。

20100623_006

シュノーケリング大好きな私には、時間が経つのも忘れて

ずーーーっと眺めていたいくらいでした。

でも、時間がせまってきたので、泣く泣くポントゥーンに戻り、

真水のシャワーは冷たすぎてあまり浴びれず、

海水でベタベタのまま、頑張って着替えて

船内に戻りました。

帰りの船内で主人はひと眠りsleepy

マリーナにキュアンに迎えにきてもらいました。

シャワーを浴びて、スッキリしてから、皆で

コンビニへ買い物に。

自炊する為の食糧はキュアンが事前にネットで発注して

くれていて、今日の日中に届いたのですが、

ステーキ用のお肉が品切れだったため、

予定が狂ってしまったので、コンビニに食材を見にきたのです。

色々調達して、部屋に戻ってから、主人はやっぱり

VBbeerを。私はキュアンが発注してくれたハニーバニラヨーグルトを頂きますhappy02

20100623_037

オーストラリアのヨーグルトはとっても濃厚でクリーミーheart04

逆にキュアンに

日本のは水っぽいね

とダメだしされましたcoldsweats01

でも、本当に濃厚でなめらかな美味しいヨーグルトでしたnote

続いて、これdownwardleftさて、何でしょうsign02

20100623_038

私も最初どうやって食べていいのかわからず、

とりあえず切ってみると、

見かねたキュアンが、薄くスライスするんだよ、と

教えてくれましたsmile

20100623_039

スライスしたらわかるかな?

これ、チーズですflair

周りはゴムで覆われており(黒い部分)、

こうしてスライスしてから、

カポッと

ゴムの部分だけ

外していただくのです。

しかも、ちょうどクラッカーの大きさより一回り小さいくらいに

作られていて、そのままクラッカーに乗せていただくことが

出来る優れ物でしたup

私はさっき、ボトルショップで購入した甘い甘いデザートワインをwine

20100623_040

今日の夕飯担当はキュアンということで、一生懸命作ってくれてますnotes

20100623_041

私はりえなちゃんと一緒に出来あがるのを待っていましたbleah

20100623_042

そうして出来上がったディナーrestaurantタコスですhappy02

20100623_043   

アボカドをサワークリームでディップにしていたり、

すっごくすっごく美味でしたhappy02

思いだしただけでお腹がなっちゃうくらいlovely

マンゴー好きの私の為に買ってくれていたマンゴー&アップルジュースapple

20100613_153

タスマニア産牡蠣。生でちょっと味見。小ぶりだけど美味しいhappy02

20100613_155

夕飯後はマンゴー&マカダミアンナッツアイス

20100613_156

を頂きながら、色々お話して

楽しい夜を過ごしたのでしたconfident

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

ハミルトン島・ケアンズ5泊7日の旅【2日目】

予定時刻より40分ほど早い

4:30過ぎ

ケアンズ国際空港airplane

に到着しましたhappy01

機内で色々あったため、

主人も私もほとんど一睡も出来ずsweat01

ヘトヘトでしたが、空港に降り立てば元気、元気rock

無事に入国審査等を済ませ到着ゲートより出たものの、

ハミルトン島への乗り継ぎまではまだ

2時間近くありますwobbly

ということで、空港内をちょっと散策。

国際線出発ロビー

20100613_149

早速喫煙タイムの主人に付き合って、外へ。。。

まだ真っ暗mistですが、びっくりするくらい鳥chickが鳴いていますsweat01

(さえずりではない。。。)

20100613_148

6時過ぎまでロビーにいましたが、そろそろ

乗り継ぎのチェックインが出来るかどうか、聞きにいった所

Domesticは全然違う場所らしく、暗闇の中、主人とスーツケースを

引きずって5~6分歩いて行きました。。。

そうして辿り着いた国内線乗場にあるカフェcafe

20100613_150

ここが搭乗口ですairplane

20100613_151

でも、まだ1時間弱時間があったので、

主人と交代で椅子に横たわって仮眠sleepyを取ってました。

そんなこんなしながら、やっと搭乗airplane

私たちが乗る飛行機、カンタス航空です。

会社員時代に道内出張時に利用してた以来の

プロペラ機airplane

20100613_152

右上に見えるのがケアンズの町です

20100618_001

オーストラリアの大地の壮大さを感じる山々

20100618_002

私の席の逆側からの眺めはまったく違い、雲海cloud

20100618_003

今度はカンタス航空なので、軽食が出ましたhappy01

左手前から時計回りにバナナケーキ、ドライアプリコット、カトラリー、オレンジジュースnote

20100618_004

更に少ししたら、ところどころで

グレートバリアリーフが眼下に。。。upupwave

20100618_005

色々な島も見えてきました。無人島のようですが、島の周りだけ

海の色が違いますwink

20100618_006

きれいなエメラルドがかったブルーshine

20100618_007

そうやって、一人興奮しながらずっと窓の下をみること

約1時間。。。

ようやく

ハミルトン島

に着陸しましたairplane

後ほど紹介しますが、ビックリeyeするくらい

小さな空港で、

鉄格子の扉を通ったら、もう出口ですsweat01

荷物も1か所にまとめて置かれているものの中から

自分でピックアップdash

今まで、かなりの数の空港を利用しているつもりですが、

ここまで簡易な空港は初めてで、笑っちゃうくらいでしたsmile

すぐに日本人の現地係員の方がお出迎えしていて、

ツアー旅行ではない私たちも呼びとめられてしまいました。。。

日本人客が全員集合した時点で、名前の確認ですが、

当然私たちはあるわけありません。。

宿泊先を聞かれ、答えると、別の外人の係員に引き渡しされましたcoldsweats01

少し離れた小屋のような建物に行き、チェックインhotel

一生懸命私も聞いていましたが、ほとんど主人に頑張って頂きましたbleah

部屋の説明や、バギーの説明などを受けたら

いきなり自分たちでバギーを運転して、予約してある

コンドミニアム

へ行かなくてはいけませんsweat01

渡された地図を私が必死に見ながら、10分弱でたどり着きましたnotes

今日から3日間滞在するコンドミニアムsign04

まずはリビング&キッチン

20100618_008

キッチン側から撮ったリビング

20100618_010

1つ目のbedroom

20100618_009

もう一つのbedroom(私たちはこちらを利用)

20100618_012

バスルーム(もう一つありますが、大体同じ感じです)

20100618_011

ベランダ

20100618_014

長椅子もあり、主人は早速喫煙タイムsmoking

20100618_015

バルコニーからの眺め。キャッツアイビーチがすぐそばですwave

20100618_013

少し休憩してから、主人と

島内散策car

に出かけました。

大体時速20~40kmのバギーで廻っても

大体30分くらいで廻れる大きさですconfident

島内を把握後、ちょっと腹ごしらえをしようということで、

ベーカリーに寄って、サンドイッチを購入。

ショップ前にあるテーブルとイスに座って食べようと思ったら・・・

20100618_016

オウムがいました。

これだけみたら、

かわいい~~~lovely

ですよね。。。

ところが、この2分後、私たちが座ろうとした瞬間、

どこからともなく、沢山のオウム・カモメ・カラスが次々と整列。。。impact

サンドイッチを狙っているのは明らかで、あまりの数に怖くて

すぐに部屋に戻って、ベランダでいただくことにしました。。。

私はチキンとアボカドのサンドイッチ

20100618_017

・・・激まずでしたcrying

何がまずいって、本当にチキンとアボカド、レタスをはさんでいるだけなんですsweat01

パッサパサなわけです。

それでも物価の高いハミルトン島では、これ一つで700円くらいしたので、

頑張って3分の2は食べましたが、もうギブアップsweat02こんなサンドイッチ初めてでしたsad

そうこうしているうちに、お迎えの時間watch

またまたバギーを飛ばして、空港へ。。。

先ほど紹介した鉄格子のゲート

20100618_018

この前で待つこと10分くらいでゲートは開き。。。

今回、コンドミニアムをシェアして一緒に滞在する

キュアン・美里ちゃん

と無事に再会happy02することが出来ましたnotes

とりあえず、荷物などのピックアップや手続きをしてから

バギーに乗って、コンドミニアムへ。

少しお話してから、とりあえず、いったん別行動ということで

私たちは

キャッツアイビーチへ。。。

20100618_019

主人は日焼けに勤しんでおりました。

私は木陰で、超しょっぱいポテチを食べながら、海辺をボーーーっと

眺めるという贅沢な時間を過ごしましたshine

宿に戻ってから、バルコニーにいたキュアンたちと今後の予定などを練ることに。。。

20100618_020

ラブリーラブリーりえなちゃんheart01heart01heart01

20100618_021

まだ0歳ですhappy02

カメラを向けるとちゃんとカメラ目線になり、可愛い顔をしてくれますlovely

一瞬でりえなちゃんに心奪われた我が夫婦でありましたcoldsweats01

その後、明日以降参加するツアーなどの申し込みを行い、

夕飯を食べに行く前に

展望台へサンセットを見に。。。

20100618_022

1分、間に合わず、太陽が沈んだ直後でしたが、とてもキレイでしたconfident

夕飯はガイドブックなどで好評だった

マンタレイカフェへ

20100618_024

ヨットハーバー沿いにあり、ちょうどサンセットがキレイな時間でしたgood

20100618_023

ここで頂いたのは

イカの揚げものと香りのある野菜との組み合わせ

20100618_025

ピザ2種

20100618_026 20100618_027

パスタ

20100618_028

残念ながら、すごく美味しいわけではなく、でもやっぱり全般的に高価で

自炊出来る所にしておいて良かったと思いました。

部屋に戻ってから、主人とキュアンは

VB

というオーストラリアのビールで乾杯。

途中からりえなちゃんも参加heart04

20100618_029

まだハイハイを始めて間もないので、うまく出来ず、

後ろに下がっていってます。。。sweat01

20100618_030

結局ソファにはまってましたcoldsweats01

20100618_031 

ほとんど一睡もしていない私たちだったので、

さすがに20時過ぎにはエネルギー切れ。。。

一足先に就寝させて頂きましたsleepysleepy

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年6月 6日 (日)

ハミルトン島・ケアンズ5泊7日の旅【1日目】

今日から待ちに待った

ハミルトン島・ケアンズ

へ。。。airplane

待ちに待ってた割に、直前はバタバタで

準備などに相当不安もありましたcoldsweats01

今回はすべて自分で手配をしていたので、

現地の人たちと英語でやり取りして取った予約は

不備がありそうで、とても不安だったのですsweat01

とりあえず、主人に確認してもらって

いざ、出発sign01

まずは

新千歳空港

から

関西空港

へ。

以前、仕事でしょっちゅう関西へ行っていた時とは

違うルートになったのか、(私が気付かなかっただけか)

眼下には四国が見えましたnote(写真上部にうっすら見えてる陸地がそうです)

20100613_143

淡路島もはっきりshine

20100613_146

そんなこんなで地図を見ながら興奮していたら

関西空港に着陸。

エレベーターでフロアを上がるだけで国際線ターミナルに

行けるのが関西空港の魅力ですsign03

成田空港では、国内線ターミナルと離れている(福岡空港もそうだったはずです)

ので、今回そういうことを考慮して、関空を選びました。

すぐに国際線の

JETSTAR

のカウンターで荷物を預け、

主人とディナーをどこでするか探索。

JETSTAR航空は、カンタス系列の格安航空会社なのですが、

格安であるために、機内食などのサービスはすべて

オプションになっているのです。

なので、搭乗する前に腹ごしらえをし、色々お菓子を買いこんでいくことに

していました。

グルグルと関空内を見回った結果

ぼでぢゅう屋台

モダン焼きに決定flair

20100613_147

せっかく関西に来たし、聞いたことのあるお店だったので

チョイスしたのですが。。。

うーーーんsweat01

我が夫婦にはイマイチでした。。。

焼き加減と、ソースの味と特製マヨネーズの味が私たちには

合いませんでした。

これなら、高校そばの

風月

のお好み焼きの方がずーーーっと美味しいね。。。

という結論になりました。

本場のお好み焼きに期待したのですが、残念dash

ま、それでもとりあえず、お腹はいっぱいに満たされたので

更にお菓子などを購入し、出国手続きへ。。。

結構時間に余裕あると思っていたら、そうでもなく、

VISAカードのラウンジには5分しかいれませんでしたcoldsweats02

そんなこんなで慌ただしく搭乗し、ケアンズ行きの飛行機へsign03

行ってきまーすwave

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »